教育関連ニュース

2021-04-28 07:00:00

生保協会、高校生の保険教育推進のためモデル授業動画公開

2021.4.23『保険市場TIMES』より。

 

指導する教員にむけて

 

一般社団法人生命保険協会は4月16日、高校生の保険教育推進のためにモデル授業の動画を公開したことを発表した。

 

これは2022年度から開始する新しい学習指導要領に基づいて実施されたもので、高等学校の公民科において導入される社会保障制度や民間保険を含んだ金融の働きに関する学習にそった内容となっている。

 

同法人はこれを実際に授業で指導する教員の参考になればと、教員にむけた内容で作成。

 

実際の授業進行がイメージしやすい授業風景部分と、指導するポイントをわかりやすくまとめた教員むけの解説のふたつを軸に動画が構成されている。

 

動画は中学校や高等学校の保険教育関連資料や保険教育推進に係る生命保険業界の取り組みなどを掲載している「金融・保険に関する学習情報サイト」にて視聴可能となっており、全体で20分弱と多忙な先生でも短時間で気軽に視聴し授業のポイントがイメージしやすいものになっている。

 

高校生向けの教材も

 

一般社団法人生命保険協会では、以前から高校生向けの教材として「社会保障制度と保険のキホンについて学ぼう!」を公開している。

 

これは、高校生が公民科で社会保障制度を学ぶ時に、保険の仕組みや自助・共助・公助の考え方について併せて学ぶことができる内容となっており、今回作成された動画はこれをベースに組み立ててある。

 

また、教材に関しても動画公開に合わせ、一部データを最新のものに更新している。

 

同法人では動画が新しい分野を教える先生の一助となり、高校生の社会保障制度や保険に対する理解が深まることに寄与することを期待し、今後も幅広い世代への保険教育の推進に取り組んでいきたいとのこと。